講師紹介

ギターコース講師

元川心司
得意なジャンル
ジャズ、ブルース、ポピュラー、クラシック
所属校
上新庄校・東香里校
WEB SITE

私は14歳のときにギターに出会いクラシックギターを始め、次第にロックギターの魅力のとりことなり、以後様々なジャンルの音楽を聴き、音楽理論を学び、バンド活動もしてまいりました。

かれこれ20年以上ギターに触れてきたなかで特に感じることは、「生きた音楽のみが人を感動させる事が出来る」ということ。

最近では、音楽の世界へもパソコンが入ってくるようになり、より綺麗なものを造ったり、全く楽器経験がなくとも簡単に音楽が作れる時代になりました。
それはそれでとてもよい事です。
しかし、ハード(パソコン機材)が進化したと同時にソフト(人・ミュージシャン)のレベルが低くなってきていると日々感じています。

そういう意味も含めて、ギターの演奏技術を教えることはもちろん、ギターを今以上に好きになれるよう、しっかりとコミュニケーションをとって目標に向かって上達できるように生徒さんには接しています。

大切なのは才能ではなく心からギターを楽しむ気持ちと少しの努力です。

ギターは難しくて簡単です。
一見矛盾した表現ですが、「うまくなりたい」という気持ちがあれば必ず上達します。

大切なのは才能ではなく心からギターを楽しむ気持ちと少しの努力です。
常に音に敏感で、色々な音楽に興味をもち、練習していくこと。
そうすれば、やがて人をも感動させるギターが弾けるようになるかもしれません。

ギターが貴方の人生においてかけがえの無いものとなれるように・・・

ギターと出会ってから、私には常にギターがそばにあり、また支えになってくれました。
私の人生でかけがえの無いもの。
それは音楽(ギター)。
ミュージックワークショップGENとの出会いで、ギターが貴方の人生においてかけがえの無いものとなればとても嬉しく思います。

先生からの一言

音楽は音を楽しむと書いて音楽です。
真剣に取り組むことで更に音楽の深みや面白さが分かってきます。
それぞれのペースで一緒に頑張っていきましょう!

井上耕一
得意なジャンル
ロック全般、フラメンコ、クラシック
所属校
上新庄校

幼少時よりクラッシックギター、フラメンコギターを学び学生時よりエレクトリックギターもはじめる。

20代は演奏活動に重きを置いて活動。
各地でフラメンコ、ハードロック系ライブを1000回以上こなす。

30代より作曲活動も職業とする。
2002年、台湾Gammaレーベルより初のフルアルバム「Things that change」をリリース。
2005年、Nash studioより7弦ギターアルバム「擲」をリリース。
2009年、Nash studioよりアンビエントミュージックコンピレーションアルバム「Echos」リリース。
CM楽曲、劇中曲、ニュース番組BGMも多数あり。
ローカルヒーロー主題歌、お笑い芸人テーマソングもあり。
現時点での作曲数は500曲超。

並行してアニメソング歌手のバックバンドを多数つとめる。
2006年 MIQ
2008年 宮内タカユキ、影山ヒロノブ、遠藤正明
2010年 MIQ

先生からの一言

エレキからフラメンコまで幅広く教えています。
色々な挑戦をすることで今まで練習してきたものもレベルが上がっていきます。
その積み重ねが自分のスタイルになるのでコツコツやりましょう。

海津信志
得意なジャンル
ジャズ、フュージョン、ポピュラー、クラシック
所属校
上新庄校

1988年生まれ、大阪府出身。作曲家、ギタリスト。

16歳でギターを始め、甲陽音楽学院を卒業。
クラシックギターを中川誠氏に師事。
マイク・スターン氏のマスタークラスレッスンを6年間受講。

ジャズギタリストとしての活動後、J-popやアニメを中心に多くのライブやTVサポート、レコーディングに携わる。(家入レオ/シェネル/美川憲一/八代亜紀 ほか多数)
また、GUILD/Cordoba/Blackberry JAMなど楽器メーカーのエンドース、モニターアーティストも務める。

上京後はK-pop好きが影響し、作曲家になることを決意。
NORD(クリエイティブオフィスキュー/ソニーミュージック)「スナイパー」でデビュー。
その後アイドルやアニメ、ゲーム主題歌を制作している。

これまでの受賞歴は、ギターマガジンチャンピオンシップ(3位)、モーリスフィンガーピッキングデイ(1位)、YAMAHA The Music Revolution(1位)、EMI設立50周年記念Revolution Rock(ノミネート)ほか多数。

先生からの一言

ギターを学ぶことにより、もっと音楽が楽しくなるよう願っています。

藤田鉄平
得意なジャンル
ロック、フュージョン、ポピュラー
所属校
上新庄校

15才から父親が聴いていたビートルズの音楽に影響を受けエレキギターを始める。
その後、ハードロックにハマり、ソウル・ファンクを経てジャズ・フュージョンにのめり込む。

高校卒業後、音楽スクールに通う傍ら、オリジナルバンドで大阪を中心にライブ活動をスタート、全国ツアーも経験。

現在はレコーディング、ライブサポート、ギターレッスンなどを行いながら、様々なジャンルの融合とワンアンドオンリーな自分の音を追求している。

先生からの一言

他の楽器もそうですが、ギターは一度楽しさが分かると一生遊んでいけるものですよね。
レッスンを通してそれを見つけてくださると幸いです!

長濱伸也
得意なジャンル
ブルースロック、ポピュラー
所属校
上新庄校

16歳の時、初めてロックバンドが演奏しているのを観てギターに目覚める。
音楽学校卒業後、バンド活動、全国ツアー、レコーディング、作曲活動、アーティストサポート等、精力的に活動中。

ジャンル問わず沢山の音楽に影響を受けつつ、日々自身の音楽を追求している。

先生からの一言

ギターや音楽を通じて毎日が楽しくなると素晴らしいですね。
焦らずコツコツと積み重ねることが大切です。

ベースコース講師

多田義則
所属校
上新庄校

16才の頃よりベースを始め、21才よりプロ活動を開始。
ロック、ファンク、R&B、ジャズフュージョン、ゴスペル、ラテン音楽等幅広く多彩に弾きこなす。

最近の活動歴

2007年~ 音恵(Sax)スコット・レイサム(Dr)サポート
2008,9年 JAYE公山(Vo)サポート
2008,9年 石川 直(blast)Solo Project参加
2008年~ Sensacional(サルサバンド)加入
2009年~ チャーリーニーシオ&フジヤマチャロル(スウィングジャズ) 加入

その他多数のアーティストサポート、レコーディングを手がける。
また、音楽専門学校の講師等も務め、後身の指導に励む。
ロック、ジャズフュージョン、ゴスペル、ラテン音楽等幅広く多彩に弾きこなす。

先生からの一言

自分自身の目標に向かって、楽しんで音楽してください。
質問などお気軽に!!

前谷優幸
所属校
上新庄校

15歳の頃にエレキベースを始め、22歳の今に至るまでエレキ、アコースティックギター、コントラバス等の経験も積み、ベーシストの他ボーカリスト、作詞、作曲、編曲者としても活動している。
J-POP、ロックのほかアニソンシンガーの福山芳樹と共演を果たすなど様々なジャンルのサポート活動もしている。

講師活動について

まず、「教える」という意識は持たず「援助する」気持ちで生徒さんと向き合いたいと思っています。
「高み」を目指すための「練習」ではなく「楽しむ」ための「考え方」を前提にお話します。
まずはベースという楽器、音楽を楽しむことから始めましょう。
楽しくなく苦しいだけに感じる練習は、ベースを楽しむという目的からはとても遠い内容に思えますので、まずは気持ちを楽に、楽しむ術を身につける。
難しい練習はその後で充分間に合うと思っています。

僕と生徒さん、対等な気持ちで向き合い、素晴らしい音楽人生を共に楽しみましょう!

先生からの一言

講師陣の中では最年少です!
ギターをやったり最近はドラムにも関心があります!
GENブログの更新もしてるので見てくださいねー!

ドラムコース講師

鷲尾大介
所属校
上新庄校

15歳よりドラムを始め18歳より金子敏男氏に師事、ポップス、ジャズ、ラテン等幅広くリズムを学ぶ。
関西を中心に25歳より講師をする傍らジャズライブ、レコーディング等、プロ活動を開始。
最近ではアイドルグループのレコーディングにも参加。
現在はプロ、アマ問わず「楽しく音楽をやる事」を第一に考え地元商店街の音楽イベントなどにも活動中。

レッスンは基礎を大切に、そしてその基礎をどうやって演奏に活かすかなどを中心に行っており、初心者の方にも一から丁寧にレッスンさせていただきます。

先生からの一言

楽しく!コツコツ!で絶対叩ける楽器なので是非チャレンジしていただきたいです!

ボーカルコース講師

石村有輝
所属校
上新庄校
WEB SITE

中学時代に音楽に魅了され、気づいた頃には作詞作曲し、当時住んでいたマンションのベランダで「ベランダライブ」を敢行。
これが僕自身の初舞台。
向かい側のマンションからアンコールの声があるほど大盛況(?)でした。

高校時代はストリートライブやライブハウスでの演奏、大学は大阪芸術大学音楽学科ポピュラー音楽コースでボーカルを専攻し、基礎的な発声や音楽理論を学びました。

現在はシンガーソングライターとして様々なイベント会場やライブハウス等で活動する傍ら、作詞家としての活動も行なっています。

おもい「すべての音が言葉である」

ボーカルは唯一“言葉”を持った楽器です。
それは特別なようであって、特別ではありません。
例えばギターソロやドラムフィル。
楽曲においてそれらは意味を持ったものであるはずと信じています。
つまり、すべての音が言葉である。
そういう想いが僕にはあります。

では、ボーカルの役割とは一体なんなのでしょう。
すべての音が言葉であれども、言葉を持つのはボーカルだけです。
矛盾しているように感じるかもしれませんが、考えれば考えるほどボーカルの深みや面白さが見えてくるような気がします。
だから僕は、「ボーカルでよかった」と心から思っています。

先生からの一言

みなさんこんにちは。
毎日楽しく生きていますか?
音楽は人生の一部でしかありません!
でも、確かに人生の一部に音楽は存在しています。
楽しくやりましょう!!

ページ先頭へ ▲